BIOGRAPHY

ピアニスト、グレーベ・カテリーナ舞は、ドイツ人の父と日本人の母のもと東京に生まれた。スタインウェイ・アーチストとしての彼女の演奏は、英国そしてヨーロッパ、アジアで高い評価を得ている。カテリーナは、これまでにロイヤルアルバートホール、スタインウェイホール(ロンドン、ハンブルグ)、カドガンホール(ロンドン)、フェアフィールドホール(ロンドン)、モーツァルトザール(ハンブルグ)、ライツハレ(ハンブルグ)、ダブリンナショナルコンサートホール、パラウドムジカカタラナ(バルセローナ)、モスクワ音楽学院ラヒマニノフホール(モスクワ)、フランス等で数多くの演奏をしている。彼女のリサイタルは北ドイツ放送局そしてフランスミュージックパリ・ラジオ放送局で放送された。2013年、英国Sky TVショー(マイケル・パーキンソン卿のマスタークラス)でピアニスト ラン・ランと出演。
彼女はコンチェルトソロリストとして、クラシックフィルハーモニーハンブルグ、リュネブルクシンフォニーオーケストラ、オルデンブルグ国立オーケストラ、王立音楽大学シンフォニーオーケストラ、ホーベオーケストラナショナルカタルーニャ、
RTE国立シンフォニーオーケストラ等と演奏。ロバート・シュテリ、トーマス・ドーシュ、マルコス・フーバー、ロビン・オニール、マネル・バルディヴィエソ、アラン・ブリバエフ等の指揮者たちと共演している。


カテリーナはこれまでに数多くの賞を受賞している。権威ある2015年マリア・カナルズ国際ピアノコンクール3位(バルセローナ)、 2015年ダブリン国際ピアノコンクールファイナリスト受賞。2010年ラグニースアーマーヌ国際ピアノコンクール優勝(パリ)、同年ノーラサンド賞コンクール優勝(イーストボーン)、2011年マイエンヌ国際ピアノコンクール優勝(フランス)、2014年ロードス国際ピアノコンクール優勝(ギリシャ)。
ロンドン王立音楽大学在学中には2009年王立音楽大学ベートーベンコンクール優勝(RCMケンダルテイラー・ベートーベンピアノ賞)、同年英国音楽大学対抗ベートーベンコンクールにて2位、2012年王立音楽大学協奏曲コンクールで優勝し国際ウィンブルドン音楽祭にて王立音楽大学シンフォニーオーケストラとリストピアノ協奏曲第1番をロビン・オニール指揮のもと演奏。カテリーナは又、在学中の彼女の優れた業績に対し、名誉あるエリザベス女王皇太后ローズボーウル賞をチャールズ皇太子殿下より授与されている。最近では、第8回リヨン国際ピアノコンクール2位を受賞。

カテリーナはドイツのハンブルグ音楽院にてガブリエル・ヴルフ、英国のチイタム音楽学校では故バーナード・ロバーツに師事、その後、奨学生としてロンドンの王立音楽大学にて故ヨンテイ・ソロモン、イアン・ジョーンズ、ヴァネッサ・ラターシェ教授とディミトリ・アレキゼエフ教授に師事。同大学卒業後、同大学院にて修士課程、芸術家修士課程を優等で卒業。これまでの英国王立音楽大学での彼女の活動はモニカエンドガイ・ ブラック賞、AHRC奨学金、王立音楽大学ヘンリーウッドトラスト・ベネヴォレント資金、王立音楽大学奨学金デービッド・ヤングピアノ賞とフィルハーモニアオーケストラマーチンミュージック奨学資金より支援された。

カテリーナの演奏は、美しく詩を奏で、かつ情熱的でその解釈の深さと成熟度の高さは認識されている。彼女は、作曲家の中でも特にドイツのロマンティック時代の作曲家にひかれると言う。彼女が大好きな作曲家ロバート・シューマンの貴重なる作曲「ダヴィッド同盟舞曲集」と「ソナタ第3番、管弦楽のない協奏曲」を彼女の初めてのデビューCDに選んだのは適切であろう。CDはKNSクラッシックより2016年4月に発売。

“Though there are dozens of fine accounts of Davidsbündlertänze out there, hers is one full of character. Grewe never loses sight of the work’s overarching form. This is a fine disc and an artist to watch.”

Gramophone Magazine,
July 2016